魚の目【小学生の症例】

こんにちは

トータルフットケアラボ、フスフレーガーの奥田ゆかりです。

本日は小学生のお子さんが魚の目があるという事でご相談されました。

色々原因はありますが、小学生の頃は、足が一番育つ大切な時期なので、足の環境は良い状態を保ちたいですね。

フットケア前とケア後の写真です。

綺麗に魚の目さんが無くなりましたね。

もう一回ぐらいケアしとくといいです。

子供さんの足の症状の原因で、よくあるパターンは、原因がお父さんやお母さんの場合があります。

一緒に生活する事によって、子供さんの姿勢や仕草は、気が付かないうちにお父さん、お母さんに似てきます。

これは同調と言ってよくある事なんです。

実際になかなか治らなかった子供さんの足のトラブルが、お父さんとお母さんの体をケアする事で、子供さんの足のトラブルが良くなっていくって事を今まで何回も見てきました。

子供さんの足のケアの前に、お父さんお母さんの足も見てください。

もし何か症状があれば、まずはお父さんお母さんが足を整えましょう。

お電話やメールでご予約、ご相談を承っておりますが、LINEでもご予約、ご相談が可能ですのでやりやすいほうでご連絡下さい。
LINEでは定期的に普段の生活で役立つ情報なども配信しておりますので是非、ご登録して下さいね。
その際にはどなたがご登録されたのか分かりませんのでスタンプを下さい。
スタンプを頂いた方はLINEからのご予約も可能になりますし、個別であなたが現在、抱えているお悩みの相談も出来るようになります。

※他のご登録者の方にはあなたとのメッセージのやり取りは見えない設定ですのでご安心して下さいね。

関連記事

  1. 巻き爪(陥入爪)と安全靴【男性の症例紹介】

  2. 巻き爪、陥入爪(20代男性)【症例紹介】

  3. 小指の巻き爪【症例紹介】

  4. 2年前からずっと我慢してきた巻き爪(陥入爪)

  5. 巻き爪(足の薬指)【症例紹介】

  6. 魚の目と胼胝の痛みから早く解放されたいです