足の親指にできた胼胝さんと隠れた魚の目ちゃん 【フットケア症例紹介】

こんにちは

トータルフットケアラボのゆかりです。

今日の施術のご紹介です。

見ての通り、胼胝を削っていくと魚の目ちゃんが隠れていました。

歩くとかなり痛みがあったと思います。

この女性は、先天性股関節脱臼があるので左右の脚長差があり、どうしても歩行に障害が出てしまいます。

また習い事で立っている事が多いので、母趾を上手く使う事ができないため、今回の胼胝や魚の目が出来てしまった様子です。

施術によって写真のように胼胝と魚の目の除去は終わりましたが、今後は歩行と立っている時の負担を改善するために、足にあった医療用の足底板とお体のケアをする必要があります。

お電話やメールでご予約、ご相談を承っておりますが、LINEでもご予約、ご相談が可能ですのでやりやすいほうでご連絡下さい。
LINEでは定期的に普段の生活で役立つ情報なども配信しておりますので是非、ご登録して下さいね。
その際にはどなたがご登録されたのか分かりませんのでスタンプを下さい。
スタンプを頂いた方はLINEからのご予約も可能になりますし、個別であなたが現在、抱えているお悩みの相談も出来るようになります。

※他のご登録者の方にはあなたとのメッセージのやり取りは見えない設定ですのでご安心して下さいね。

関連記事

  1. 内臓の不調と魚の目【症例紹介】

  2. 巻き爪(足の薬指)【症例紹介】

  3. 巻き爪(陥入爪)と安全靴【男性の症例紹介】

  4. 魚の目や胼胝を治すフットケアの必要性について

  5. 巻き爪と心体のバランス【症例紹介】

  6. ウオノメ・胼胝【60代女性の症例】