巻き爪と心体のバランス【症例紹介】

こんにちは、

トータルフットケアラボ、巻き爪の専門家の奥田ゆかりです。

本日のご紹介する巻き爪症例は、だいぶ我慢して放っておいたので陥入爪になってしまった症状です。

症状は足をつけないほど痛みがあり、炎症もありましたが、たった一回の巻き爪矯正だけで1ヶ月後、このように綺麗に爪が整いました。

写真もご覧の通り、炎症も落ち着いています。

お客様もこんなに早く足の痛みがなくなったので大変喜ばれました。

巻き爪の原因は様々ですが、巻き爪の方々に共通する原因はやはり我慢です。

我慢と言っても痛みを我慢という事ではありません。

そもそも巻き爪とは何か?という事なんです。

足は人にとって土台や行動を表します。

という事は足の症状というのは、その人の不安定を意味します。

つまり、心と体の不安定を頑張って支えるために、足が無理をして巻き爪だけでなく魚の目や胼胝などの症状も発症するのです。

当サロンでは、ただ巻き爪を綺麗に整えるだけでなく、お客様の足がなぜそのような症状が発症したのかという背景、理由、原因をお伝えし、改善する事も可能です。

もし、何回矯正しても巻き爪が再発してしまうなら、当サロンに相談して下さいね。

お電話やメールでご予約、ご相談を承っておりますが、LINEでもご予約、ご相談が可能ですのでやりやすいほうでご連絡下さい。
LINEでは定期的に普段の生活で役立つ情報なども配信しておりますので是非、ご登録して下さいね。
その際にはどなたがご登録されたのか分かりませんのでスタンプを下さい。
スタンプを頂いた方はLINEからのご予約も可能になりますし、個別であなたが現在、抱えているお悩みの相談も出来るようになります。

※他のご登録者の方にはあなたとのメッセージのやり取りは見えない設定ですのでご安心して下さいね。

関連記事

  1. ウオノメ・胼胝【60代女性の症例】

  2. 魚の目とイボの違い【症例紹介】

  3. 2年前からずっと我慢してきた巻き爪(陥入爪)

  4. 巻き爪【80代女性の症例】

  5. 胼胝、魚の目のフットケア【70代女性の症例】

  6. 胼胝、ウオノメ【30代女性、妊婦さんの症例】