魚の目と思ったら【症例紹介】

こんにちは、

トータルフットケアラボ、フスフレーガーの奥田ゆかりです。

本日は何年も前からずっと魚の目が取れなくて何とかして欲しいという男性の症状の紹介です。

今まで魚の目が痛くなると皮膚科に行って表面を削ってもらっていたそうです。

ただ結局、時間が経つにつれてまた魚の目が痛くなるので、今回は根本的に改善したいという事でご来店されました。

足の中央部に大きな魚の目、でも削ってみると、

削っても削っても中からボロボロ崩れる感じです。

そしてよーく見ると血管を引っ張ってきています。

これはウイルス性イボの可能性がかなり高く、以前何かを踏んでしまったなど色々な原因はありますが、そのイボを体が外部からの異物と感知して周りを胼胝にして守っています。

おそらく皮膚科の先生もここまで削る事ができないのでイボだと気づかなかったのだと思います。

でもすでにイボは治っている場合もあるので様子を見たいと思います。

ではまた

お電話やメールでご予約、ご相談を承っておりますが、LINEでもご予約、ご相談が可能ですのでやりやすいほうでご連絡下さい。
LINEでは定期的に普段の生活で役立つ情報なども配信しておりますので是非、ご登録して下さいね。
その際にはどなたがご登録されたのか分かりませんのでスタンプを下さい。
スタンプを頂いた方はLINEからのご予約も可能になりますし、個別であなたが現在、抱えているお悩みの相談も出来るようになります。

※他のご登録者の方にはあなたとのメッセージのやり取りは見えない設定ですのでご安心して下さいね。

関連記事

  1. 胼胝、魚の目のフットケア【70代女性の症例】

  2. 巻き爪と爪白癬【40代女性の症例】

  3. 小さいけど痛い魚の目【症例の紹介】

  4. 巻き爪矯正【ツメフラ法での症例紹介】

  5. 足の親指にできた胼胝さんと隠れた魚の目ちゃん 【フットケア症…

  6. ウオノメと変形性膝関節症【70代女性の症例】