魚の目コロリ【症例紹介】

こんにちは。

トータルフットケアラボ、フスフレーガーの奥田ゆかりです。

本日は魚の目コロリ、魚の目パッチ、スピール膏、人によって言い方は違いますが、

魚の目で悩んでいる方は、一度は使った事があるのではないでしょうか?

本日のお客様も魚の目パッチを最近までずーっと貼っていましたが、効果が得られずご来店していただきました。

画像をご覧ください。

フットケアでだいぶ綺麗になりましたね。

でも本当はもっと削りとる事が可能です。

今回スピール膏をずっと貼っていたので、正常な皮膚まで柔らかくなり、そして薬にずっと浸されていたので、真っ白になってしまいました。

そのため、ケアをする際に、正常な皮膚なのか、削って良い角質なのか、適切な判断ができない場合が多いのでしっかり削り取る事ができません。

魚の目は削り過ぎでも再発しやすくなります。

またスピール膏の薬剤が体質に合わず、皮膚が硬くなってしまったという方も少なくありません。

足のトラブルは適切なケアを受けるようにしましょうね。

お電話やメールでご予約、ご相談を承っておりますが、LINEでもご予約、ご相談が可能ですのでやりやすいほうでご連絡下さい。
LINEでは定期的に普段の生活で役立つ情報なども配信しておりますので是非、ご登録して下さいね。
その際にはどなたがご登録されたのか分かりませんのでスタンプを下さい。
スタンプを頂いた方はLINEからのご予約も可能になりますし、個別であなたが現在、抱えているお悩みの相談も出来るようになります。

※他のご登録者の方にはあなたとのメッセージのやり取りは見えない設定ですのでご安心して下さいね。

関連記事

  1. 胼胝・魚の目【70代女性の症例】手術による可動域制限

  2. 巻き爪、陥入爪(20代男性)【症例紹介】

  3. 巻き爪矯正(ツメフラ法をアレンジ)【症例紹介】

  4. 魚の目と胼胝の痛みから早く解放されたいです

  5. 薬指の巻き爪【症例紹介】

  6. 巻き爪(足の薬指)【症例紹介】