巻き爪から陥入爪へ【巻き爪矯正事例】

こんにちは

トータルフットケアラボ、巻き爪の専門家の奥田ゆかりです。

本日は巻き爪から陥入爪に悪化してしまった症例についてです。

巻き爪自体は爪が巻いてきても痛みがない事が多いです。

実際に車椅子で生活されている方は巻き爪でも全く痛みがありません。

足をつく事で、巻いた爪が刺さるから痛いのです。

今回の症例も巻き爪をそのままにして生活をしていたので、どんどん突き刺さって炎症が起きてこのように陥入爪になりました。

上からの写真です。

1回目の矯正では、突き刺さった爪をしっかりリフトアップして爪下の環境を良い状態にしました。

次回は、爪を整えて綺麗な形になるよう矯正していきますね。

お電話やメールでご予約、ご相談を承っておりますが、LINEでもご予約、ご相談が可能ですのでやりやすいほうでご連絡下さい。
LINEでは定期的に普段の生活で役立つ情報なども配信しておりますので是非、ご登録して下さいね。
その際にはどなたがご登録されたのか分かりませんのでスタンプを下さい。
スタンプを頂いた方はLINEからのご予約も可能になりますし、個別であなたが現在、抱えているお悩みの相談も出来るようになります。

※他のご登録者の方にはあなたとのメッセージのやり取りは見えない設定ですのでご安心して下さいね。

関連記事

  1. 手術後の胼胝,魚の目ケア【症状紹介】

  2. 踵のガサガサ【60代男性の症例】

  3. 巻き爪【80代女性の症例】

  4. 巻き爪矯正【ツメフラ法での症例紹介】

  5. フットケア施術例

  6. ウオノメ【40代女性の症例紹介】小さいけどかなり痛い