足裏のウオノメ【安全靴が原因である症例】

こんにちは

トータルフットケアラボの奥田ゆかりです。

本日の症例は安全靴を履いている事が原因で出来てしまった魚の目の症例についてです。

当サロンにご来店する方で安全靴が原因で胼胝、魚の目さらには巻き爪になってしまったという方はとても多いですね。

特に足が小さい女性で、大きめの安全靴を履いている方は気をつけてくださいね。

安全靴が足に合っていないとこのような魚の目が無数にできてしまいます。

安全靴の幅が大きいので歩く時に足が上手く機能していません。

その証拠として上の写真で母趾を見てください。

母趾の下の方に平ぺったい胼胝だできていますよね。

これが足を上手く使えていない証拠です。

足は施術によって綺麗になりましたが、靴環境を変えないとまた再発するので気をつけてくださいね。

お電話やメールでご予約、ご相談を承っておりますが、LINEでもご予約、ご相談が可能ですのでやりやすいほうでご連絡下さい。
LINEでは定期的に普段の生活で役立つ情報なども配信しておりますので是非、ご登録して下さいね。
その際にはどなたがご登録されたのか分かりませんのでスタンプを下さい。
スタンプを頂いた方はLINEからのご予約も可能になりますし、個別であなたが現在、抱えているお悩みの相談も出来るようになります。

※他のご登録者の方にはあなたとのメッセージのやり取りは見えない設定ですのでご安心して下さいね。

関連記事

  1. 足の親指にできた胼胝さんと隠れた魚の目ちゃん 【フットケア症…

  2. 巻き爪と爪白癬【40代女性の症例】

  3. 手術後の胼胝,魚の目ケア【症状紹介】

  4. 魚の目と思ったら【症例紹介】

  5. 巻き爪【症例紹介】ツメフラ法

  6. 巻き爪・陥入爪【40代建築業男性の症例】