胼胝、ウオノメ【30代女性、妊婦さんの症例】

こんにちは

トータルフットケアラボ、フスフレーガーの奥田ゆかりです。

本日の症例紹介は、妊娠8ヶ月の妊婦さんです。

今回は、妊娠により、姿勢の変化と歩行の乱れによって発症した胼胝とウオノメです。

実はフットケアに来られるお客様で妊婦さんのお客様はすごく多いです。

そりゃそうですよね!

短期間でお腹が大きくなって、お腹の中で赤ちゃんも元気いっぱいに動き回るので、お母さんも以前のように歩けなくなってしまいます。

それによって足が頑張ってバランスを取ろうとするので胼胝や魚の目が出来てしまいます。

上の写真が施術前で下が施術後ですね。

けっこう深い所まで魚の目が突き刺さってました。

お母さんの体バランスが不安定だと赤ちゃんにも影響します。

足のケアをしながら出産を迎えたいですね。

お電話やメールでご予約、ご相談を承っておりますが、LINEでもご予約、ご相談が可能ですのでやりやすいほうでご連絡下さい。
LINEでは定期的に普段の生活で役立つ情報なども配信しておりますので是非、ご登録して下さいね。
その際にはどなたがご登録されたのか分かりませんのでスタンプを下さい。
スタンプを頂いた方はLINEからのご予約も可能になりますし、個別であなたが現在、抱えているお悩みの相談も出来るようになります。

※他のご登録者の方にはあなたとのメッセージのやり取りは見えない設定ですのでご安心して下さいね。

関連記事

  1. ウオノメと変形性膝関節症【70代女性の症例】

  2. 魚の目【60代女性の症例紹介】

  3. 50代女性 足小指の魚の目 【フットケア症例紹介】

  4. 巻き爪矯正【ツメフラ法での症例紹介】

  5. 巻き爪から陥入爪へ【巻き爪矯正事例】

  6. 巻き爪の原因【50代女性の症例】